“米倉迄”の読み方と例文
読み方割合
こめぐらまで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ば村役人へ急度預け奉公人は番頭忠兵衞め殘らず是又村役人へ預申付るなり居宅の儀は村の百姓共申合せ晝夜番を致すべしと申渡し家内諸式米倉迄らず改めの上中田甚太夫の封印
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)