“居士”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こじ98.0%
コジ2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鉄腸居士を父とし、天台道士を師とし、木堂翁に私淑していたかと思われる末広君には一面気鋒の鋭い点があり痛烈な皮肉もあった。
工学博士末広恭二君 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
泥足のままするところもなく自ら先に立って室内へ通った泰軒居士、いきなり腰をおろしながらひょいと忠相の書見台をのぞいて
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
居士は、人命犯にはらず萬已むを得ざる原因あるひ、財主老婆が、貪慾ふるのみの一事にして殺意ずるは殺人犯の原因としては甚だ淺薄なりと
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
學海居士批評して無用やさんとするものにあらず、きたるは、居士批評法如何儒教的なるや、いかに勸善懲惡的なるやをさんとしたるのみ
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)