“青嵐居士”の読み方と例文
読み方割合
せいらんこじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新興町人勢力の怖るべきことをまず説き出したのは青嵐居士で、それに深くもあいづちを打ったのは不破の関守氏でありました。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
釣竿をかついで、すっくすっくと先に立って行く浪人の背丈は、普通よりはだ高い。ちょっと青嵐居士とでも言いそうな恰好をしている。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
女王と総理とが出動した後の胆吹王国に、留守師団長をつとめたところの人は、前に申す通り青嵐居士でありました。