“維摩居士”の読み方と例文
読み方割合
ゆいまこじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文殊と維摩の問答 ところで、これについてい起こすことは、あの『維摩経』にある維摩居士文殊菩薩との問答です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
泣ける時に泣けない人、笑える時に笑えない人、驚く時に驚けない人は、恵まれない人でございます……衆生病むが故に我も病む、と維摩居士も仰せになりました。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
唯物論も維摩居士も無上命法も、ないしは人類の歴史も、太陽系の構造も、すべてを知らないで一生を終えることも出来たはずではないのか? この考え方は、運命の不確かさについて
狼疾記 (新字新仮名) / 中島敦(著)