“維摩”の読み方と例文
読み方割合
ゆいま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿修羅帝釈天と戦って敗れたときは、八万四千の眷属を領して藕糸孔中ってれたとある。維摩が方丈の室に法を聴ける大衆は千か万かその数を忘れた。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
院展に出した維摩を文殊が説きに行く図の維摩の顔の形なり線なりが当時画家や世間の問題になって評判を生んだもので、それがどういう所から考えて描いたかという事を不思議がられ
能面と松園さんの絵 (新字新仮名) / 金剛巌(著)
正統の茶室の広さは四畳半で維摩経文の一節によって定められている。その興味ある著作において、馥柯羅摩訶秩多(二七)文珠師利菩薩と八万四千の仏陀弟子をこの狭い室に迎えている。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)