“維摩経”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆいまぎょう62.5%
ゆいまきょう37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
維摩経』には聚香世界の香積仏が微妙の香を以て衆生を化度し、その世界の諸菩薩が、娑婆世界の衆生剛強度しがたき故
文殊と維摩の問答 ところで、これについてい起こすことは、あの『維摩経』にある維摩居士文殊菩薩との問答です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
法華経廿八品を歌に詠じたり、維摩経十喩を詠んだりしているところを見ると、学問もあった人には相違ないが、夫のおもてにしている文章の事などに
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
(『維摩経』に曰く、「もし生死を見れば、すなわち生死なし。なくなく、せずせず」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)