“こじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コジ
語句割合
居士42.9%
故事13.4%
孤児8.9%
誇示6.3%
5.4%
3.6%
小焦2.7%
怙恃2.7%
固辞1.8%
孤兒1.8%
己事1.8%
虎児1.8%
古寺0.9%
0.9%
固持0.9%
孤子0.9%
小憤0.9%
小路0.9%
0.9%
胡児0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泥足のままするところもなく自ら先に立って室内へ通った泰軒居士、いきなり腰をおろしながらひょいと忠相の書見台をのぞいて
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
告朔餼羊と云う故事もある事だから、これでもやらんよりはましかも知れない。しかしやっても別段主人のためにはならない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
モコウは両親もなき孤児で船のコックになったり、労役奴隷になったりしていたが、富士男の父に救われてから幸福な月日をおくっている。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
信長の怒りに会って、どうめつけられようが、顔つきを誇示されようが、いっこうに受身の彼のほうは切迫した反射を示さないのである。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此の敵城あることをばも存ぜず候間に、先手の者ども、はや攻落して候、と空嘯いて片付けて置いて、それからが反対に政宗の言葉に棒を刺してって居る。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『よし、おれが開ける』と言って、火箸でろうとしたら、仕方がなしに家内が開けた
妻の秘密筥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
小焦れってえから、ちっと嚇かしてやったんですが、案外意気地のねえ野郎で、まったく嘘いつわりは云いませんからどうか勘弁してくれと、真っ蒼な顔をして泣かねえばかりに云うので
家貧きが上に幼時怙恃を失い諸方に流浪し、山本緑陰の家に食客となること三年。上野寛永寺に入って独学し、文政年間始めて駒込に僦居して徒に授けた。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
と、どうしても、彼もまた、固辞してき容れなかった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
番頭の利八郎は若い時放埒で、隣町の師匠に隱し子を拵へ、大分金を注ぎ込みましたが、嚴格な主人を憚つてツイそれを打明け兼ねてゐるうち、師匠は死んで娘のお道は孤兒になり
三等弟子あり。所謂猛烈にして諸縁放下し、專一己事究明する上等づく。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
せっかく虎穴に入って、貴重な虎児を取り逃がしてしまったのでは、また捜し出すまでの手数がいると思われましたものでしたから、召し取るまえにその隠匿個所をつき止めておこうと
村の附近に古寺あり、地下室にバプテスマのヨハネの墓、エリシヤの墓、オバデヤの墓など称するものあり。村人古銭など持ち来りてすゝむ。山上より西に地中海の寸碧を見る。
年老いたる番僧の露西亜人に導かれて、古寺の廃跡累々たるを見つゝ、小石階を下りて、穹窿の建物いと小さく低きが中に入る。内に井あり、口径三尺ばかり、石を畳むでふちとす。
力に任せてギューと無闇にりましたから、馬は其の儘悲しい声をあげて息は絶えました。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
いたずらに、我説固持して、論争の陣を張っていた酒井忠次も石川数正も、かれが憤然と席を蹴ったすがたに、眼をみはって
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
端的にいえば、彼女等は両親も知らぬ孤子、又は金に売られた貧民の子供だったのだ。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「おい、阿母。いつまでそんな廻りいことを言ってるんだ、聞いてても小憤れってえ。」と傍から一人がひき取って
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
神保町の停留場で我々は降りた。その辺の迷路にも似た小路を、あちこちと二三丁歩いて、ある建物の前に来た時に、彼は立止って突然その呼鈴を押した。
真珠塔の秘密 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
菫色の薔薇の花、けた小娘やかさが見える黄色薔薇の花、おまへの眼はよりも大きい、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
胡蝶声あつて夜深く相思の吟をなす、聾者能く聞き瞽者能く見る、劒戟も折つてふべく鼎钁も就いて浴すべし、世界はほと/\朕がまゝなり、黄身の匹夫、碧眼の胡児
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)