“誇示”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こじ87.5%
ひけらか12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“誇示”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こんな事をヌケヌケと言ふのは、自分の遊びつ振りを誇示こじするといふよりは、つまらない疑ひに卷き込まれる、恐怖のさせるわざでせう。
文代を桜姫になぞらえ、自ら清玄に扮した思いつきには、ゾッとする様な、犯罪者のいびつな誇示こじがあった。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
先ず友が何か下らぬ物を書いて私に誇示ひけらかした。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)