“三等”の読み方と例文
読み方割合
さんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たとえば往古支那にて、天子の宮殿も、茆茨らず、土階三等、もって安しというといえども、その宮殿は真実安楽なる皇居に非ず。
教育の目的 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
三等弟子あり。所謂猛烈にして諸縁放下し、專一己事究明する上等づく。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
おや/\前勘か。うでない。……三等相場づけである。温泉つて、がものにした豪儀も、ギヨツとして、れは悄氣る……を……うでない。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)