城崎を憶ふきのさきをおもう
雨が、さつと降出した、停車場へ着いた時で——天象は卯の花くだしである。敢て字義に拘泥する次第ではないが、雨は其の花を亂したやうに、夕暮に白かつた。やゝ大粒に見えるのを、もし掌にうけたら、冷く、そして、ぼつと暖に消えたであらう。空は暗く、風も …
作品に特徴的な語句
うつか ひとも どき かう おほき がた にほひ おほい 振舞ふりまは 漫歩ぶらつ ひつ 十分じつぷん うへ さが をそ ゆき きやう いれずみ 漁場ぎよぢやう やはら とゞ はづ 三個さんこ 曠野くわうや まへ さう 冷水れいすゐ ことさ やさし おびや かつ いち 此方こつち はふ 温泉をんせん なめらか しつ あたゝか 夥多おびたゞ おほ あかる はう くれなゐ 翌朝よくてう いさゝか つめた わざ みづか 苦笑くせう へう つめ あるひ やはら いへ あふ こゝろよ おも あひだ ゑさ 革鞄かはかばん とほ おもひ じやう 黄金わうごん 頬被ほゝかぶり ちひ こゝろ ならび したゝ あへ 翡翠ひすゐ ぶん なゝめ ひゞ さをさ けづ 前屈まへかゞ さわやか 杜鵑ほとゝぎす あふ あらた ゆが さん 由緒ゆゐしよ とび 景勝けいしよう 突張つツぱ みづうみ たぐひ 上野うへの あが こが