“漁場”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りょうば41.7%
あど8.3%
ぎょじょう8.3%
ぎょば8.3%
ぎよぢやう8.3%
ぎよば8.3%
れうば8.3%
れふば8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“漁場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と女房は、毎日のように顔を見る同じ漁場りょうば馴染なじみやっこはりものにうつむいたまま、徒然つれづれらしい声を懸ける。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あれが漁場りょうば漁場へ寄って、魚を集めて阪神へ送るのです」桂三郎はそんな話をした。
蒼白い月 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「さうでもないけれど、うち漁場あどは沖やさかい今まであんまり獲れなんだ。長平などは下手しもてやもんで、今までに大分つたれど。」
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
「本当だ、今年も来ることは来ようけれど、去年より漁場あどが悪いからどうだかな。」
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
「そうです。なかなか利益をあげています。さあそれでは海底採鉱場さいこうじょうを先に見て、それから海底漁場ぎょじょうの方へ案内してあげましょう」
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
仁右衛門(これから彼れという代りに仁右衛門と呼ぼう)はもとより明盲あきめくらだったが、農場でも漁場ぎょばでも鉱山でも飯を食うためにはそういう紙の端に盲判を押さなければならないという事は心得ていた。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
ひとおどろかされたのは、おもひのほか、さかな結構けつこうだ、とつたのを嘲笑あざわらつて、つい津居山つゐやま漁場ぎよぢやうには、たひすゞきもびち/\ねてると、てのひらかたねた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
いづれも、それが自己の持つてゐる漁場ぎよばから、マオカへ引きあげて來た時、例年の通り、負けず劣らずの豪遊を試みてゐたので、その時義雄も渠等と知り合ひになつた仲だ。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
「や、鱸だな。」星明りに透してみた漁師は、口を尖らして怒鳴つた。「こんな物を釣りやがつて、俺達の漁場れうばを荒しやがるんだね。」
普通の漁場れふばは、わたくし共の行く所よりずつと南に寄つた沖合なのでございます。そこまで行けば、いつでも危険を冒さずに、漁をすることが出来るので、誰でもまづその方へ出掛けるのでございます。併しわたくし共の行く岩の間で取れるうをは、種類が沖合より余程多くて、魚の数もやはり多いのでございます。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)