“漁場”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうば41.7%
あど8.3%
ぎょじょう8.3%
ぎょば8.3%
ぎよぢやう8.3%
ぎよば8.3%
れうば8.3%
れふば8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と女房は、毎日のように顔を見る同じ漁場馴染ものにうつむいたまま、徒然らしい声を懸ける。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「さうでもないけれど、漁場は沖やさかい今まであんまり獲れなんだ。長平などは下手やもんで、今までに大分つたれど。」
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
「そうです。なかなか利益をあげています。さあそれでは海底採鉱場を先に見て、それから海底漁場の方へ案内してあげましょう」
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
仁右衛門(これから彼れという代りに仁右衛門と呼ぼう)はより明盲だったが、農場でも漁場でも鉱山でも飯を食うためにはそういう紙の端に盲判を押さなければならないという事は心得ていた。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
かされたのは、ひのほか、結構だ、とつたのを嘲笑つて、つい津居山漁場には、もびち/\ねてると、ねた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
いづれも、それが自己の持つてゐる漁場から、マオカへ引きあげて來た時、例年の通り、負けず劣らずの豪遊を試みてゐたので、その時義雄も渠等と知り合ひになつた仲だ。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
「こんな物を釣りやがつて、俺達の漁場を荒しやがるんだね。」
普通の漁場は、わたくし共の行く所よりずつと南に寄つた沖合なのでございます。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)