ふしぎ国探検ふしぎくにたんけん
やけ野原を、東助とヒトミが、汗をたらしながら、さまよっていた。夏のおわりに近い日の午後のことで、台風ぎみの曇り空に、雲の行き足がだんだん早くなっていく。 東助少年は手に捕虫網をもち、肩からバンドで、毒ビンと虫入れ鞄とを下げていた。ヒトミの方 …
作品に特徴的な語句
とき 金光かねみつ ぎゃく づえ づら ぱな 仕掛じか しょ せき じゅう 無人むじん 漁場ぎょじょう れい きょう わか 水車すいしゃ たい かく 果実かじつ とう かか ふり しょく 事業じぎょう えん 顔色かおいろ げん うさぎ かぶと 霊魂れいこん あたた とな うな 釣合つりあ かさ ごみ かん すか 毒々どくどく 軌道きどう 寸法すんぽう 帰路きろ 極微きょくび しま かど あや ちぢ 缶切かんきり おろ かか ゆびさ 杜絶とぜつ むな 焼棒やけぼう 海綿かいめん 煙突えんとつ 燐光りんこう 燭光しょっこう かわら 痛手いたで さら まゆ 眼鏡めがね ねむ 石材せきざい 硝子ガラス 磁力じりょく 神秘しんぴ 空家あきや 立体りったい 竜宮りゅうぐう はし 竹藪たけやぶ ほうき ひも 紙製かみせい 細胞さいぼう 紺色こんいろ つな 緋色ひいろ たて 羽根はね 羽織はおり 肺炎はいえん 背丈せたけ 胴中どうなか あぶら まく 自乗じじょう 鎌首かまくび 隕石いんせき すみ 陽子ようし 長髭ながひげ 鎧戸よろいど 邸宅ていたく