“寸法”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すんぱふ45.0%
すんぽう40.0%
サイズ5.0%
すんぽふ5.0%
ディメンション5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この面影が、ぬれ圓髷とともに、をすべつて、紫陽花とともに、にしたゝらうといふ寸法であつたらしい。……
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その上前にも云った通り、は深いし風も出ている、——わたしの商売にとりかかるのには、万事持って来いの寸法です。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「熊城君、帽子の寸法で八に近い大頭だよ。六五糎もあるのだ。無論手近の役には立たんけれども、兎角数字と云うやつは、推論の行詰まりを救ってくれる事があるからね」
後光殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
が、お前様手際では、昨夜げて、お天守つてござつた木像も、矢張ではねえだか。……寸法じでもつてらぬか、では跛足ぢや。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ピストルの内部を開いて螺旋溝寸法顕微鏡で測ってみると、ねて押収して置いた被害者達の体内をくぐった弾丸の溝跡の寸法と完全に一致した。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)