報恩記ほうおんき
阿媽港甚内の話 わたしは甚内と云うものです。苗字は——さあ、世間ではずっと前から、阿媽港甚内と云っているようです。阿媽港甚内、——あなたもこの名は知っていますか?いや、驚くには及びません。わたしはあなたの知っている通り、評判の高い盗人です。 …
作品に特徴的な語句
はずか あかる 微笑びしょう むくい 金包かねづつ いまだ 黄金おうごん うしろ 苦笑くしょう 御詫おわ 大船おおぶね 内儀ないぎ こら かた ぜん 現世げんぜ あが 一夜いちや ゆか 往来おうらい 寸法すんぽう のち 荘厳しょうごん しま こま 天窓てんまど 微笑ほほえみ いか よる 立派りっぱ そと うらみ 稀代きだい 財宝ざいほう 身代みがわ ひん 白々しろじろ 手捕てど 呂宋るそん 町家ちょうか なげう たが あやう 鐘楼しゅろう 柳町やなぎまち 三度さんど あが くだ 下座しもざ ひら ばし あるじ ほろ せつ あいだ ひま 今日きょう しお さわ 雪明ゆきあか 日本にっぽん 面当つらあ さむらい とも 羽目はめ 甚内じんない ふだ かか ねずみ ばち つえ すが 極道ごくどう なわ 歔欷すすりなき 網代あじろ 正体しょうたい まぎ 気味きみ 気色けしき くわ 沙室しゃむろ 法衣ころも 百合ゆり 白木しらき 白癩びゃくらい おこり 盗人ぬすびと まゆ