“笄髷”の読み方と例文
読み方割合
こうがいまげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女は慇懃会釈をした。貧しい身なりにもらず、これだけはちゃんとい上げた笄髷の頭を下げたのである。神父は微笑んだ眼に目礼した。
おしの (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
春信の描く処の男子はく前髪ある美少年にして、女子は必ず長大なる一枚のをさしたる島田あるひは笄髷に結び、差髱長く突出したる妙齢のものたり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
弥三右衛門の下座には、笄髷の老女が一人、これは横顔を見せたまま、時々涙を拭っていました。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)