“紫陽花”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あじさい72.2%
あぢさゐ21.1%
あぢさい3.3%
あじさゐ2.2%
しやうか1.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紫陽花”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本7.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
紫陽花あじさい矢車草やぐるまそう野茨のいばら芍薬しゃくやくと菊と、カンナは絶えず三方の壁の上で咲いていた。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
くいしばっても、閉じても、目口に粉雪こゆきを、しかし紫陽花あじさいの青い花片はなびらを吸うように思いました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
日当の悪い木立の奥に青白い紫陽花あぢさゐが気味わるく咲きかけるばかりで、最早や庭中何処を見ても花と云ふものは一つもない。
花より雨に (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
まどはなふすまひらけるゆふべ紫陽花あぢさゐはな花片はなびら一枚ひとつづゝ
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そして縁の柱によったまゝ、手水鉢てうずばちのそばの紫陽花あぢさいの葉をちぎってた嫂は、そこを通りすぎやうとした。
(新字旧仮名) / 素木しづ(著)
街路樹のベツドかと見えて、篠懸すゞかけの苗木が植ゑてあり、その間には紫陽花あぢさいなぞがさき亂れてゐた。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
雪隱せちいんわきには、紫陽花あじさゐの花がせひよろけてさびしくいてゐた。花の色はもうせかゝツてゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
あふひ、紫陽花あじさゐがそのあたりにさき亂れてゐて、茶屋へゆくまでの小路も樂しかつた。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
薔薇ばらも咲き、紫陽花しやうかも咲き、〓々さうさうたる川の音絶えざれは、風さへいと涼けきに、人々も我も居心地こよなく好しと喜び合ひはすれど、しかも我が胸の何処かになほかくれたる一の心ありて、念々として、かのむさくるしかりし四畳半を追慕しやまず。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)