“紫陽花寺”の読み方と例文
読み方割合
あじさいでら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外濠に添い、増上寺の山内に隠れ、白金台を一気に駈けて、やがて、目黒の行人坂の途中、紫陽花寺の門前で止まったと思うと、女の影は、駕を脱けて、ひらりっと
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「はい、実は、この紫陽花寺は、富武家も、檀家の一家でござります」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
泰雲院——。ははあ、ここだな、俗に、紫陽花寺ともいう寺は」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)