“紫丁香花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むらさきはしどい60.0%
はしどい20.0%
パープル・ライラック20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう思って見れば、これ等の瑞々しい紫丁香花色の花弁の上には敏感に、微に、遠い雲の流れがてりはえているようではないか。
小景:ふるき市街の回想 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
庭からは紫丁香花の匂いの流れて来るなかで、凍てがますますきびしくなって、沈みゆく太陽がその寒々とした光線で雪の平原を照らしたり
イオーヌィチ (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
第一に、紫丁香花——これは初恋のときめきだ。それから花箪草は、もう信ぜられぬ——と云う意味なんだし、最後には、紅おだまきを渡して、怖るべき敵近づけり——と警告を発しているのだ。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)