“紫羅欄花”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あらせいとう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青い迷送香まんにょうこう、赤い紫羅欄花あらせいとう、アネモネ、薔薇ばら、そして枝もたわわなミモザ。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
瑠璃草るりさう紫羅欄花あらせいとう罌粟けしの花、どんなに嫖緻きりやうよりも、おまへたちのはうが、わたしはすきだ。ほろんだ花よ、むかしの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
紫羅欄花あらせいとう、帽子の帶のへりにさした人柄ひとがら前立まへだて
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
岩石のはざまよりは、青き迷迭香まんねんらふ(ロスマリヌス)、赤き紫羅欄花あらせいとうなどのぼりたるが、そのいたゞきにはチウダレイクスが廢城の殘壁ありて、猶巍々ぎゞとして雲をしのげり。
が、それでも時には、さすがに飾電灯シャンデリアばかりは煌々として雪白せっぱく食卓布テーブルクロスの上一杯に、紫羅欄花あらせいとうやチューリップ、ダアリアなぞの飾られた広い森閑がらんとした食堂で、たった一人でナイフを動かしている侘しさを身にしみじみと感ぜぬわけにはいかなかった。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
彼は、一方には黄楊つげや、林檎や、梨や、櫻桃さくらんぼ等の樹が立ち並び、他方の花壇には古めかしい樣々の花、紫羅欄花あらせいとうや、亞米利加撫子アメリカなでしこ櫻草さくらさう、三色菫しよくすみれなどが青萵かはらにんじんや、薔薇やその他樣々な香氣のある草に混つて繁り合つてゐる散歩道を逍遙さまよつて行つた。