“紫花”の読み方と例文
読み方割合
むらさきばな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
書けた文字をジッとみつめていると、血と紫花の汁がうまく混和して、墨よりも強い、玉虫色の光沢をおびてくる。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)