“紫宸殿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ししんでん75.0%
ししいでん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紫宸殿に出て来た鬼は貞信公威嚇したが、その人の威に押されて逃げた例などを思い出して、源氏はしいて強くなろうとした。
源氏物語:04 夕顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
公卿殿上は、非常の裝ひをして、紫宸殿の前庭に“かんなり陣”をしいて、萬一の守備にあたつたといふことである。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
なんでも夜中すぎになると、天子さまのおやすみになる紫宸殿のお屋根の上になんともれない気味くものがあります。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
御子三位の中將殿(維盛)は歌道より外に何長じたる事なき御身なれば、紫宸殿の階下に源家嫡流相挑みし父のの勇膽ありとしも覺えず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)