“紫雲英”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんげ60.0%
れんげそう15.0%
れんげ15.0%
クローバー5.0%
ハナコ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よろず屋の店と、生垣との間、をあまして、あとすべてだ耕さざる水田一面、水草を敷く。紫雲英の花あちこち、菜の花こぼれ咲く。
山吹 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
落葉木は若葉から漸次青葉になり、などの常緑木が古葉をし落して最後の衣更をする。田は紫雲英の花ざかり。林には金蘭銀蘭の花が咲く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
私の死ぬまでに、それがどこかの紫雲英の原に、やかな一宇の愛の御堂となれば、私は、その原の白骨となって御守護いたします。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
口笛を吹きながら校門へ急ぐ姿……球を空高らかに響かせながらラケットをう友達たち……水泳衣を着てプールへ出掛ける友達たち、ついそこの紫雲英の上に
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)