山吹やまぶき
山吹の花の、わけて白く咲きたる、小雨の葉の色も、ゆあみしたる美しき女の、眉あおき風情に似ずやとて、—— 時現代。 所修善寺温泉の裏路。 同、下田街道へ捷径の山中。 人島津正(四十五六)洋画家。 縫子(二十五)小糸川子爵夫人、もと料理屋「ゆか …
作品に特徴的な語句
いっ えか おじ ひねり さわり 自分われ くるしみ 退すさ はな 童女どうにょ しん 打叩ぶったた 恐怖おっかね ねげ 四這よつば わけ いだ つつしん まがい 旅館やど にじ とま こう 五合ごんべい くゆ おおき 硬直かたく こた 願掛がんかけ あまり とど 強情ねだ きれ あかる まな 口惜くちおし おぼえ あわ まこと 生干なまぼし ゆわ とま しり 抽出ぬきだ 高価たけ ぬい 場所ところ あやし つかま おやじ 願望がんもう 天女てんにん おら 傀儡にんぎょう うしろ わき 引払ひっぱた つむり ひっ かげ ぜん 立野たつの さかさ しっか あらた きたな わし ばば 横撫よこなで みひら ごう しか わか かすか 縁下えんのした いまし ゆびさ 怨恨うらみ うらみ かすか 御身おみ おもむろ えき かか やみ 媽々かか おだやか 実家うち から 曠着すれぎ 小間すこしきま