雲霧閻魔帳くもきりえんまちょう
なるべく、縁起の吉い日にしようぜ。御幣をかつぐ訳じゃないが、物は縁起ということもあるし、お互い様に明日の首の座は分らない。こちとら、白浪渡世—— いうにゃ及ぶ。 さて、その日は? そうよ。——初日の出の元日——あたりはどうだ。 なるほど、そ …
作品に特徴的な語句
ちゃ ぎれ てて 土蔵ぶんこ じし がえ ささ きたね 美味うめ いら あい ししむら 芸妓おんな ぎょう いつ 月夜づくよ ばく かけ 彼方あっち 其方そっち 面隠つらかく おいずる 吉原きた たく ざま うれ あば くく 溝川どぶかわ ひも はず 建築たて さいわ つの 此方こっち 村端むらはず あた けえ 退 楼主だんな 肋骨あばら たしか 背丈せい 腫物できもの 捕縄ほじょう たち ばち ほう なぎ たきぎ けえ ふん 守札まもりふだ 暁天あかつき おんな 竣工でき あらた 処刑しおき 処女むすめ よだ うなじ つら にせ 嘆息たんそく 甲斐がい 俯伏うっぷ もら ぐも ぱな 何方どっち 灯明あかり 雉子きぎす ぬす 各〻めいめい がね よわい 真実ほんと 鉄鎖てつさ まこと