雲霧閻魔帳くもきりえんまちょう
なるべく、縁起の吉い日にしようぜ。御幣をかつぐ訳じゃないが、物は縁起ということもあるし、お互い様に明日の首の座は分らない。こちとら、白浪渡世—— いうにゃ及ぶ。 さて、その日は? そうよ。——初日の出 …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ 俳諧はいかい 一喝いっかつ 峻烈しゅんれつ 浅黄あさぎ 閻魔えんま 雇人やといにん えくぼ 木挽こびき 御幣ごへい 香奠こうでん 回向院えこういん 雑鬧ざっとう 笑靨えくぼ くわ 三途さんず 生唾なまつば 足掻あが どじょう ねぎら 勿怪もっけ さめ 処刑しおき 欺瞞ぎまん てすり かじ 女衒ぜげん 羅刹らせつ 蠱惑こわく 叱咜しった 舎利しゃり 火焙ひあぶ 三界さんがい 各〻めいめい 朽木くちき 誦経ずきょう くび 仕着しきせ 月夜づくよ 芋粥いもがゆ 捕縄ほじょう 蕭殺しょうさつ 木遣きやり 磐石ばんじゃく 葭町よしちょう 可惜あたら 結綿ゆいわた 竣工でき 禁厭まじない おいずる 溝川どぶかわ 勤務つとめ 硝薬しょうやく 土蔵ぶんこ 密々ひそひそ 人生じんせい 啄木鳥きつつき 色情狂いろきちがい よろ よろ 年長としかさ 流連いつづけ 早熟ませ 灯皿ひざら 東風こち 村端むらはず 羽交はが 腕拱うでぐ 帰宅かえ 建築たて 紫雲英れんげ 塗籠ぬりごめ 曲淵まがりぶち 菖蒲革しょうぶがわ 頭領かしら 暁天あかつき 鉄鎖てつさ 鬼灯ほおずき 安宅丸あたかまる 惨虐ざんぎゃく 照降町てりふりちょう 物要ものい 春昼しゅんちゅう 灯明あかり 智者ちしゃ 処刑場しおきば 料理番いたまえ 博多帯はかた 妹弟きょうだい 軍鶏籠とうまるかご 守札まもりふだ 胸底きょうてい 下級した 狐鼠こそ 楼主だんな 明知あけち 朝暁あさあ 権内ごんない 相糺あいただ