“守札”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まもり40.0%
まもりふだ40.0%
ふだ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“守札”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 射倖ゲーム100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「でも、あの夜、形見ぞといって下された地蔵菩薩のお守札まもりこそ、思えば、こうなる約束事の護符だったのでございましょう。いまでは、父御のお手に代って、和子の肌守札はだまもりとなっておりまする」
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お信乃が取出したのは、子供らしい大きな守袋まもりぶくろ——男の手縫らしい縫目をほぐすと、中から現はれたのは、お信乃のへそ書きと、それに三枚のお守札まもり、それから一枚の手紙でした。
土間に、置きすててあるおいずるを、老人はひっくり返して、あわただしくあらためた。赤いよだかけをした地蔵如来、幾つもの巾着、守札まもりふだ、椿の花——
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いつたいだれでも運勢うんせいかたむいてくると、自然しぜんとじたばたしすのは人情にんじやうしからしむるところだが、五だん里見弴さとみとん紙入かみいれからお守札まもりふだならす、四だん古川緑波ふるかはりよくははシガアレツト・ライタアでをする。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
祈祷、禁厭まじない御神水おみずじゃ、お守札ふだじゃ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)