“紅おだまき”の読み方と例文
読み方割合
レッド・カラムバイン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第一に、紫丁香花——これは初恋のときめきだ。それから花箪草は、もう信ぜられぬ——と云う意味なんだし、最後には、紅おだまきを渡して、怖るべき敵近づけり——と警告を発しているのだ。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)