“皿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さら92.0%
ざら6.6%
そら0.7%
べい0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
市街戦の惨状が野戦よりはなはだしいと同じ道理で、に盛られた百虫相啖うにもたとえつべく、目も当てられぬありさまである。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
彼は最初に食物から自分の分を取ったし、いつも十分に取っていた。彼は騒々しく話したて、自分の言葉にみずから大笑いをした。
がしゃんと、食事をその上に、音をたててなげだした。
されば一の菓子、一珈琲に、一円、二円とちて、なおも冥加に余るとなし、我も我もと、入交り、立替る、随喜の数うるにうべからず。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)