“石皿”の読み方と例文
読み方割合
いしざら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは土鍋行平石皿湯婆、粗末なそれらのものばかりは、醜い時代の力にまだ犯されずにいる。日々忙しく働く身だけは、病いも犯しにくいと見える。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
其間正午になつたので、一先座敷引揚げ、晝餐饗應け、それから發掘つたが、相變らず破片くそれでも鯨骨一片と、石槌打石斧石皿破片など掘出した。
それから石皿といふものや、砥石のようなものもあります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)