“石燈籠”のいろいろな読み方と例文
新字:石灯籠
読み方割合
いしどうろう95.7%
いしどうろ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で——番町下六此邊だからとつて、海月したやうな、石燈籠けたやうな小旦那たちが皆無だとはれない。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
右の方は女竹が二三十本立っている下に、小さい石燈籠の据えてある小庭になっていて、左の方に茶室いの四畳半があるのである。
心中 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
通らでも事は済めども言はば近道の土手々前に、仮初格子門、のぞけば鞍馬石燈籠袖垣しをらしう見えて、椽先に巻きたるのさまもなつかしう
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
置石石燈籠
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)