“小旦那”の読み方と例文
読み方割合
こだんな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で——番町下六此邊だからとつて、海月したやうな、石燈籠けたやうな小旦那たちが皆無だとはれない。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
すなわち天井小旦那という言葉さえできているが、是などもやはりまた近年の変化かと思われる。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
小旦那……小旦那……。昨夜彌作の内で鶏をられたと云いますよ。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)