“旦那樣”の読み方と例文
新字:旦那様
読み方割合
だんなさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たしか左樣つてりまするけれどしもをいたしません、なるほど此話しをかしてさらぬが旦那樣價値
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あゝ、いかい難儀をして、おいでなさるさきの旦那樣御大病さうな、ならも、欄干けておりなさらうのに、おいたはしい。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
段々御やつれなされてと常にも似ずるゝに、それは/\知ぬ事とて御見舞もせなむだがさぞまあ旦那樣は御心配、御可哀想に早く御全快おさせもふし
うづみ火 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)