雪の翼ゆきのつばさ
柏崎海軍少尉の夫人に、民子といつて、一昨年故郷なる、福井で結婚の式をあげて、佐世保に移住んだのが、今度少尉が出征に就き、親里の福井に歸り、神佛を祈り、影膳据ゑつつ座にある如く、家を守つて居るのがあつた。 旅順の吉報傳はるとともに幾干の猛將勇 …
作品に特徴的な語句
くらが くる たゞ ぬくも うごき じき なほ なづ はう 心懸こゝろがかり そら おろ おほい ちと 父親ちゝおや 一寸いつすん かたはら ごみ こゞ 退すさ うへ 小止をやみ 正午しやうご かゝ いたづら 確乎しつか かつ ばゞ なまめか こほ 受合うはあ あたゝ をつと あせ たつた ゆは あツ 過失くわしつ とゞ いさみ まへ あひだ うづくま はう ふり 彼方あなた 夕陽せきやう ことば さい すゞ 引返ひつかへ きた わざ 引提ひつさ すく そつ 怪物くわいぶつ そゝ たう おそろ わかれ 宿しゆく さいはひ ぢい 一刻いつこく 一家いつけ 山中さんちう せう さかえ ならひ かゝ めづら あるひ 不良ふりやう とほ ねむ 顏立かほだて あたゝか じやく いへ いたゞき いち がた うづ えう すさ 看護みと あは めい 空車から 極月しはす にはか