“旦那取”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だんなとり50.0%
だんなどり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所歓いて了ふし、旦那取は為ろと云ふ。そんな不可真似を為なくても、立派に行くやうに私が稼いであるんぢやありませんか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
さんの遺物の守りを婆さんに取られ、旦那取をすると云わなければおさんがくと云って、正直に二円返すから、あとの三円は貸して呉れろと、そう云われては貸さずにはられない