“旦那座”の読み方と例文
読み方割合
だんなざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大将の鬼は旦那座から一足びに土間へね下りようとして、囲炉裏にかけた自在鉤に鼻のを引っかけてしまった。すると
鬼退治 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
土間を正面に見た旦那座に座っているのが鬼の大将であろう。のまわりにの皮をいて大あぐらをかいている。口の両端かられているが炎にらされて金の牙のように光っている。
鬼退治 (新字新仮名) / 下村千秋(著)