“穴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あな94.9%
けつ2.5%
みぞ0.6%
めど0.6%
シュイ0.6%
スパット0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高窓障子に、があたると、ブー、ブーといって、りました。もうづいていたので、いつもかったのです。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
「これですか、親分、——これは、『十四経和語抄』にもない、六百五十七の外の、禁断の鍼ですよ、親分」
彼はもう三分間ほど前から針のに糸を通そうとしていたが、それがどうも巧くゆかないので、部屋の暗さに腹をたてたり、しまいには糸にまで当たりちらして
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
大豆打にかつがつたてえに面中だらけにしてなあ」剽輕相手惡口しくした。群衆一聲ひどよめいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
叔父のことだからどうせろくな考えではあるまいと、心の中で神々に祈りながらついて行くと、ずっと山奥に大きながあった。
そこに書かれた彼の「宣言」は着々忠実な履行に移されて現われてきたから——彼は、自分の求める売春婦の犠牲者を何街で発見することができるかその的確な「」を知り
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)