“抜穴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬけあな66.7%
ねけあな33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抜穴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「イヤ、そんなものはありやしません。さいぜん僕と小池君とで、お嬢さんの部屋を隅から隅まで調べましたが、壁にも天井にも床板にも、少しの異状もなかったのです。ここはあなたのお建てになった家じゃありませんか。抜穴ぬけあななんかあってたまるものですか」
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
猫女ねこおんなに……首領、おまえさんは利口りこうだよ。眼はしがくよ。しかし、猫女はおまえさんより一枚上手だ。さっき、抜穴ぬけあなのなかで、まんまと、猫女にまきあげられたよ。あっはっは、猫女はいつか、おまえさんからメダルの半分をまきあげたね。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「全体、狐ッて奴は、穴一つじゃねえ。きつと何処にか抜穴ねけあなを付けとくって云うぜ。一方口いっぽうぐちばかしかためたって、知らねえうちに、裏口からおさらばをきめられちゃ、いい面の皮だ。」
(新字新仮名) / 永井荷風(著)