少年探偵長しょうねんたんていちょう
怪事件の第一ページ まさか、その日、この大事件の第一ページであるとは春木少年は知らなかった。あとからいろいろ思い出してみると、その日は、運命の大きな力が、春木清をぐんぐんそこへひっぱりこんだとも思われる。 ふしぎな偶然の出来事が、ふしぎにい …
作品に特徴的な語句
とう とう とどま へい とどま にや 樹脂プラスティック 骨折こっせつ かん くわだて だん 月明つきあ がく 頭髪とうはつ ちなみ そら 帰途きと 周囲しゅうい 微笑びしょう いつわり むな おおや 田畑たばた ぺん 一刻いっこく 黄金おうごん 一片いっぺん 壁際かべがわ はず 音響おんきょう れい やっこ 鍍金メッキ うなり さかさ はい 小竹こたけ やわら たく 見合みあわ さいわ ずね きず なさ かご おり こお 敵手てきしゅ ただ 疲労ひろう 断念だんねん かえ 暗夜あんや 死霊しれい 執念しゅうねん エックス ごえ へん 夕飯ゆうはん 天窓てんまど 失敗しま 客人きゃくじん 対岸たいがん 小屋ごや けん まわ ゆか はじ 弾丸だんがん 役者やくしゃ 心得こころえ あや おろ 手荒てあ ぬぐ ゆす 明日あした まが さら のぞ 本道ほんどう 某島ぼうとう 言下げんか たず 誘拐ゆうかい 角灯かくとう