少年探偵長しょうねんたんていちょう
怪事件の第一ページ まさか、その日、この大事件の第一ページであるとは春木少年は知らなかった。あとからいろいろ思い出してみると、その日は、運命の大きな力が、春木清をぐんぐんそこへひっぱりこんだとも思われ …
作品に特徴的な語句
不機嫌ふきげん 覚悟かくご 天秤てんびん 断乎だんこ 脱兎だっと 夕闇ゆうやみ 金槌かなづち 未練みれん 音沙汰おとさた 大喝だいかつ 見覚みおぼ 牢屋ろうや 下界げかい 雑魚ざこ 言下げんか かき 轟然ごうぜん 閃光せんこう 一棟ひとむね 阿鼻叫喚あびきょうかん そら 堅固けんご 拍子木ひょうしぎ 眺望ちょうぼう 間髪かんぱつ 地団駄じだんだ 放逐ほうちく 断崖だんがい 矛盾むじゅん 悲鳴ひめい 根気こんき 経綸けいりん 粗末そまつ 様子ようす 什器じゅうき 折柄おりから 猿股さるまた 心得こころえ 見廻みまわ 退屈たいくつ 大欠伸おおあくび 弱音よわね 入日いりひ 寝呆ねぼ 痩躯そうく たき だん 文句もんく 偵察ていさつ 雑作ぞうさ 皎々こうこう 北京ペキン 半間はんげん 河原かわら 瞳孔どうこう 暗夜あんや 利口りこう 妖怪変化ようかいへんげ 彫物ほりもの ゆず 賽銭箱さいせんばこ 鍍金メッキ 三日月みかづき 恐縮きょうしゅく 悶着もんちゃく むく 熊笹くまざさ 断念だんねん 合図あいず 所在ありか 横丁よこちょう 傍若無人ぼうじゃくぶじん 巣窟そうくつ 壁際かべがわ 剛情ごうじょう 手荒てあら 担架たんか つくえ 屹立きつりつ 布片きれ 礼拝れいはい 罪人ざいにん 何奴なにやつ 現場げんば 孔子こうし 結構けっこう 凸凹でこぼこ 炎々えんえん 紀伊きい しお 屹然きつぜん 自業自得じごうじとく 牡牛おうし 皮肉ひにく 寝起ねおき 屠所としょ 目星めぼし