きつね
小庭を走る落葉の響、障子をゆする風の音。 私は冬の書斎の午過ぎ。幾年か昔に恋人とわかれた秋の野の夕暮を思出すような薄暗い光の窓に、ひとり淋しく火鉢にもたれてツルゲネーフの伝記を読んでいた。 ツルゲネーフはまだ物心もつかぬ子供の時分に、樹木の …
作品に特徴的な語句
脊負おぶ いたま 密通みっつう 塵埃ちりあくた 心付こころつ 此方このかた いず ゆすぶ がわ ばか まぐ 家中いえじゅう 大樹だいじゅ すこし 蒼白あおしろ 泥濘どろ いだ おく 長尻ながしり あかる やわらか ほど 午飯ひるはん あば 老木おいぎ 矢張やっぱ やっこ 弓弦ゆみづる 夕方ゆうかた うしろ あるい 折枝おれえだ 吃驚びっく ぶち かえっ けぶり 理由いわれ こら 内證ないしょう うたぐ 翌朝よくちょう わた におい 薄暮たそがれ もと 頭蓋とうがい きし 乃公わし 一先ひとまず いえ きいろ 家中かちゅう 家人かじん にわとり 小庭こにわ なら 巡見じゅんけん ひさし 馳落かけお しきり いただ かす のち 後向うしろむ とり わすれ いか 思出おもいだ えつ あいだ 起出おきいで 白刄はくじん 獣物けもの 空恐そらおそろ くみ 熊笹くまささ 潜込くぐりこ 湧出わきで あら 毎朝まいちょう わか 構内かまえうち 評議ひょうぎ 邸宅やしき こね 撲殺うちころ
題名が同じ作品
(新字新仮名)新美南吉 (著)
(新字新仮名)岡本かの子 (著)
(新字新仮名)蔵原伸二郎 (著)