“夕方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうがた53.1%
ゆふがた32.8%
ゆうかた7.8%
ゆふかた6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて夕方になりました。松蝉きやみました。からはもやがひっそりとれだして、にひろがっていきました。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
母親のお長吉初袷薄着をしたまゝ、千束町近辺出水の混雑を見にと夕方から夜おそくまで、泥水の中を歩き𢌞つために
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
五百らが夕方になると、長い廊下を通って締めにかなくてはならぬ窓があった。その廊下には鬼が出るというがあった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その日の狩は獲物が多かつたと見えて、夕方宮にお帰りになる頃には、すつかり田舎娘の事はお忘れになつてゐた。