花のき村と盗人たちはなのきむらとぬすびとたち
むかし、花のき村に、五人組の盗人がやって来ました。 それは、若竹が、あちこちの空に、かぼそく、ういういしい緑色の芽をのばしている初夏のひるで、松林では松蝉が、ジイジイジイイと鳴いていました。 盗人たちは、北から川に沿ってやって来ました。花の …
作品に特徴的な語句
とう うえ なん ゆう きょく 心持こころも ゆる あず きたな たい なに あた 前達まえたち らく あい ひん はら ねん 老人ろうじん ぎし えん さぐ いえ はな まも だれ きら もん あたら ほう よる けん そと へん がき 土蔵どぞう ぽん めい ぐち きん ぬす あたま いただ 今日きょう にん おと 水車すいしゃ ちち からだ なか なん つく あいだ もん 母牛ははうし さき がね さい つめ がま くだ よこ 初夏しょか 職人しょくにん 根性こんじょう 盗人ぬすびと 獅子しし こし うし 猿廻さるまわ 背中せなか こた さる みどり 縄切なわき いぬ 物置ものおき うつく つみ くる かんが 緑色みどりいろ はら 縁側えんがわ