“縄切”のいろいろな読み方と例文
旧字:繩切
読み方割合
なわき40.0%
なわきれ40.0%
なわッきれ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし子供達は、縄切れや、おもちゃの十手をふりまわしながら、あちらへっていきました。子供達盗人ごっこをしていたのでした。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
怒った時には、縄切を振りまわしてエルサレムの宮の商人たちを打擲したほどの人である。決して、色白の、やさ男ではない。
花吹雪 (新字新仮名) / 太宰治(著)
多「てえ事なしにりになるものは、烟草でも草履草鞋のらなくってなが棄てるのは、縄切でも紙屑でも、何でもハア貯めて置いて売りやんす」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)