“縄墨”の読み方と例文
読み方割合
じょうぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自ら縄墨つて一宇の大伽藍建立し、負ひ来りたる弥勒菩薩の座像を本尊として、末代迄の菩提寺、永世の祈願所たらしめむと欲す。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
社会の縄墨を逸した飄骨精悍なだけに、よくそれを導けば、天下の良民とはいかなくても、乱に用いて乱を治めるには足る者どもでございます
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
町住居などをなさろうというのはやはり浮世の縄墨にはずれた、異を樹てることなのでございますとな。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)