“岸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きし83.3%
ぎし12.7%
がん1.6%
がし0.8%
さかしくて0.8%
ショーア0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つもる雪もおなじく氷りて岩のごとく、の氷りたる次第に雪ふりつもり、のちには両岸の雪相合して陸地とおなじ雪の地となる。
「もうじき停車場だよ」カムパネルラがこうの、三つならんだ小さな青じろい三角標と、地図とを見くらべていました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
常陸の海鰹船の出かけをした印畫を或る專門家に見せた時には、どうしてもそれが中學三年生の人である撮影現像にかゝるといふことをじてもらへなかつた。
向うに二階がある。表だけ見えて、欄干が左右へ……真中の大樹があって仕切る、その二階がね、一段低くなってに臨んで、も一つ高い座敷が裏に有りそうなんだ、夢だからね、お聞き。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
容止音辞かなり。天命開別天皇(天智天皇)の為にまれたまふ。となるに及びてしくて才学有り、文筆む。詩賦、大津より始まれり……。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
この干満によって池は岸に対する自分の権利を主張し、かくてはショーン(刈り取られる、の意)され、樹木は占有の権利をもってそれを維持することができない。