“がし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
河岸48.6%
餓死36.0%
川岸3.6%
賀詞2.7%
菓子2.7%
賀使2.7%
0.9%
0.9%
0.9%
饉死0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藁箒を取って、櫓臍湿りをくれた宅助、ツーウと半町ほど流れにまかした所から、向う河岸春日出の、宏大なをグッと睨んで
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私の前には餓死と労働の二つの途があって私はただ常暗の国に行くために、その途の一つをたどらなければならないのだ。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
十二日は猿田川岸から舟に乗って栗橋に着き、さらに堺川岸から舟を乗り換えて、その夜は舟泊まりとなる。蚊の多いのに困ったとある。十三日は流山、野田を過ぎて、東京深川の扇橋に着く。
寄席と芝居と (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
範宴は、網代牛車を打たせて、青蓮院の僧正のもとへ、これから初春賀詞をのべにゆこうと思うのであった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
カステラ菓子 秋 第二百五十七 カステラ菓子
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「玄徳から賀使が見えました。家臣の孫乾という者が、贈り物を献じ、戦勝のお祝いを述べるためにと——玄徳の使いで」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
向うに二階がある。表だけ見えて、欄干が左右へ……真中の大樹があって仕切る、その二階がね、一段低くなってに臨んで、も一つ高い座敷が裏に有りそうなんだ、夢だからね、お聞き。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
向うに鷺が居て、雲はやや白くなった。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
昨日持込んだのは眞新らしい赤の千兩箱で、樽屋の燒印してありましたが、朝になつて見ると、それは手摺れのした古板の箱で、燒印も何んにも捺してはありません、その上
銭形平次捕物控:274 贋金 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
いずれにしろ、お蔭で俺は、この通り長生きして、今ではこの界隈の仲間で、年らと立てられている。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
そしてなおこの領地に住んでいたユダヤ人の金貸の権力に落ちこんでしまいました。饉死するより外にしようのなくなった、鍜治屋は林檎の樹に首をくくってしまいました。