“孫乾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そんけん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“孫乾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
関羽かんうは西門を守れ、張飛ちょうひは東門に備えろ、孫乾そんけんは北門へ。また、南門の防ぎには、この玄徳が当る」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孫乾そんけんは、留守していたので、城下の父老をひきいて、郭門かくもんに出迎えていた。その老人たちは、口をそろえて、
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)