“菓子:がし” の例文
“菓子:がし”を含む作品の著者(上位)作品数
村井弦斎1
宮沢賢治1
小林多喜二1
“菓子:がし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それはね、電気菓子がしとおなじだよ。そら、ぐるぐるぐるまわっているだろう。ザラメがみんな、ふわふわのお菓子になるねえ、だから火がよく燃えればいいんだよ。」
水仙月の四日 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
カステラ菓子がし 秋 第二百五十七 カステラ菓子
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「お菓子がしめえか、ええ、ねっちゃよ?」
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)