“菖蒲河岸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あやめがし60.0%
しやうぶがし20.0%
しょうぶがし20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも尚、彼は不安であったとみえ、そこから近い菖蒲河岸団子屋の二階を借りて、たいがいは其処へ来ていた。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
挙ぐれば中州箱崎町出端とのに深く突入つてゐる堀割は此れを箱崎町の永久橋または菖蒲河岸女橋から眺めやるに水はも入江の如く無数の荷船は部落の観をなし薄暮風まる時つて炊烟
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
挙ぐれば中洲箱崎町出端との間に深く突入っている堀割はこれを箱崎町の永久橋または菖蒲河岸女橋から眺めやるに水はあたかも入江の如く無数の荷船は部落の観を