“菖蒲園”の読み方と例文
読み方割合
しょうぶえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老妓はすべてを大して気にかけず、悠々と土手でカナリヤののはこべを摘んだり菖蒲園できぬかつぎをにビールを飲んだりした。
老妓抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
菖蒲園なども開いていて、遊山の人の姿も見られました。小菅の刑務所の見える堤に、遊山の人からは少し離れて、仰向けに寝て休みました。
わが師への書 (新字新仮名) / 小山清(著)
曳舟まで出て見ると、場末の町つづきになって百花園も遠くはない。百花園から堀切菖蒲園も近くなって来る。
向島 (新字新仮名) / 永井荷風(著)