わが師への書わがしへのしょ
それは一冊の古ぼけたノートである。表紙には「わが師への書」と書いてある。あけると扉にあたる頁に「朝を思い、また夕を思うべし。」と書いてある。内容は一人の少年が「わが師」へ宛てて書き綴った手紙の形式になっている。これも青春の独白の一つであろう …
作品に特徴的な語句
ひいで かし あざわら ほとばし 沈黙だま かたくな 馴染なじ らん あした なま 幸福しあわせ うと つづ 面影おもかげ 箪笥たんす 稽古けいこ まれ 面魂つらだましい 破戒はかい ページ にら 癇癪かんしゃく 綾瀬あやせ くび 瓢逸ひょういつ しき 玩具おもちゃ 顰笑ひんしょう 朴歯ほおば 為人ひととなり のぞ 辺幅へんぷく はずか たす からだ 躊躇ちゅうちょ うずくま 遊山ゆさん 跼蹐きょくせき たち 辻占つじうら えり 鐘紡かねぼう たもと あし 蒲団ふとん きょう 聯想れんそう 緑雨りょくう いや 寄席よせ あな 如何いか ゆうべ わら なご 吐胸とむね 可笑おか 可憐かれん 小菅こすげ きざ 傲慢ごうまん なら そうろう 侮蔑ぶべつ たたず 伽噺とぎばなし もっ 些末さまつ いただ 流石さすが 曖昧あいまい 暗誦あんしょう おい ゆえ 放擲ほうてき つか 掏摸すり 挨拶あいさつ 滅入めい たわむ おも あわ いきどお 憂鬱ゆううつ うれ おも たの