“傲慢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごうまん87.9%
がうまん10.3%
たかぶり1.1%
プライド0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうも傲慢らしい! 見るからに険のあるまなざし、傲然とした態度、何か尋ねたら、お直参であるのを唯一の武器にふりかざして
へば傲慢な、下手いた、奧州めぐりの水戸黄門つた、い、い、や七十ばかりの老人でした。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
我等こゝにかゝる傲慢負債を償ふ、もし罪を犯すをうるときわれ神に歸らざりせば、今もこの處にあらざるならむ 八八—九〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ダンテは自分の罪は傲慢羨望とに在ると云つたと聞く。余の罪も亦傲慢羨望とにあるらしい。力に於てダンテに似ずして罪に於いてダンテに似るは余の悲哀である。
三太郎の日記 第一 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)